給料前でピンチ。よく借金をする

給料前になるとよく借金をする。なぜ、借金をするか。朝から晩まで、倉庫で仕事をする。体はくたくたで、酒を飲む。給料がでると、休み前になると絶対にスナックに行き、朝方まで飲んでいるのだ。家賃を払い、電気代を払い、携帯代を払う。毎日の生活に追われる。仕事に対する対価が低すぎるのだと言い訳をしながら。自分は認めれていない。カードローンを使う。10パーセント以上の利息を払う。給料日にはカードローンの返済をするが、また、給料日前になるとカードローンを使う。だから、カードローンはすごい。銀行でキャッシュカードを申し込んだだけで、カードローンの審査も行える。普通に働いていれば、簡単に10万円ぐらいはカードローンができる。それも、銀行のATMで簡単にお金を借りる事ができるのだ。そして、返さなくても、勝手に毎月1万円の金額が私の口座から引かれるのだ。私は、金を借りている感覚がない。だから、給料以上にお金を使ってしまう。カードローンは魔法のカードだ。だから、欲望をコントロールできない。かわいい女の子がいると飲み屋に行きたくなると、私は魔法のカードを使ってしまう。酒を飲む。気が大きくなってカードローンを使ってしまう。最近、銀行から、カードローンの限度額を30万円できますと案内が送られてきた。私は、申し込みを行うだろう。魔法のカードによって、私は欲望を発散させ、明日の仕事に備えている。多少の利息を払いながら、経済を動かしているのだ。