軽い気持ちで借りたお金が返済できずどんどん借金が膨らんでしまった

計画的に返済すれば大丈夫だと一度何十万もの大金を借りてしまうと、結局上手くいかずにまた金融機関に借金してお金を借りてそれを返済などに回すことになり、自転車操業になりがちです。なぜこうも計画通りいかないのかと言えば、借金するときは数万というすぐ返せるような金額ではなく、数十万というまとまったお金が必要になり借りるケースが多いはずです。手元にまとまったお金がないから金融機関から必要な分を借りたので、その後返済しようとしても月々決まった金額を返さないといけなくなりますが、その人自身にとってはその金額でさえも大きな負担になります。まとまったお金がない人は月々貯蓄できるだけの収入がなかったり、あったとしても浪費ぐせがあり使ってしまうためお金がないことが多いですが、そうした収支の人に更に毎月の支払いが加算されれば、例え月1~2万だとしても負担は大きくなります。今まで使っていたはずのその金額を使えなくなってしまうのでどこかで節約したりしなければなりませんが、中々難しいはずです。給料日に前には財布のお金がなくなり、貯金もないので下ろすこともできず、結局またお金を借りるという悪循環になりがちです。ローンなんですぐ返せると思っていても、実際に借りて返済し始めると、計画と違って更に借金をし始めて給料日前には必ずどこかでお金を借りることになってしまうのです。

借金自体は悪いわけではなくきちんとした金融サービスとして成り立っているのですから、使う側は借金を甘く見ず、例えばより利率が少ない金融機関で借りたり、最近では多重ローンに困っている方向けにまとめて返済できるようなプランを用意した金融機関も出ているので、一度見直してみることをお勧めします。給料日前に毎月借金しなければならない状況を打開するためにも、現状を少しずつでも見直すことが大切です。